SBI証券

SBI証券で株をはじめるメリットと口コミまとめ

ネット証券の中でも特に利用者が多いSBI証券。

 

人気の理由は取扱い商品が充実していて選択肢が多いことや、株をはじめたばかりの初心者でも扱いやすいツールが揃っていること。

 

そのうえで手数料が格安で手軽に売買できるため、総合的に見てコスト面と扱いやすさのバランスが良いという理由から、
「色んな証券会社を使ったけど、最終的にSBI証券を使っている」
というユーザーが多い人気の証券会社です。

 

SBI証券で株をはじめるメリット

メリット1手数料が安く気軽に売買できる
メリット2初心者でもはじめやすい商品が豊富
メリット3スクリーニング機能で銘柄分析が簡単
メリット4IPOの抽選に外れてもポイントが貯まる

 

SBI証券公式サイト

ポイント1

他社と比べて手数料がお得

SBI証券はネット証券の中でも手数料が安い部類ですが、実際にライバル証券と比べてどれくらい差があるのでしょう。
ネット証券の中で人気が高い楽天証券とカブドットコム証券の手数料と比べてみます。

 

 現物取引手数料(税込)
~10万円~30万円~50万円~100万円
SBI証券150円293円293円525円
楽天証券150円368円368円657円
カブドットコム証券97円270円270円1069円

 

上記は約定ごとに掛かるタイプの手数料の比較です。

 

まず、楽天証券と比較してみると10万円までの手数料は同じですが、30万円以上の取引額になるとSBI証券の手数料が安くなります。

 

次にカブドットコム証券と比べると10万円以下では劣りますが、それ以上の約定額ではほぼ同水準で、100万円以上だとSBI証券がお得になります。

 

ユーザーの口コミ
kk6総合的に見て、取引手数料がお得です
SBI証券を使っていて、一番魅力を感じたのは「取引手数料の安さ」です。

NISA口座であれば国内株の売買手数料が無料になる上、
海外ETFも買い付けが手数料無料で取引できます。

国内株式の現物取引手数料はGMOクリック証券などに比べるとやや高いですが、
主要ネット証券では安い手数料と言えます。

1日の約定代金合計金額によって手数料が決定する「アクティブプラン」についても、
主要ネット証券と比べるとお得感があります。
ほかにも信用取引手数料が安いことにも注目です。

ポイント2

初心者でもはじめやすい商品が豊富

手数料が安いことを売りにしている証券会社は多いですが、SBI証券のように単元未満株や貸株など、取扱い商品のバリエーションが豊富な証券会社はわずかです。

 

株をはじめたばかりの人には少額で投資できる単元未満株 (S株)や、保有している株を貸し出すことで金利が得られる貸株など、
株初心者でもローリスクで運用できる商品が揃っているのも魅力です。

 

単元未満株(S株)を使った取引では、
通常は銘柄ごとに決まった単元株数(100株単位など)でしか売買できない株が、1株から手軽に売買できます。

 

例えば1株500円の株を100株買うとなると、最低でも5万円の資金が必要になります。
しかし、単元未満株での売買なら1株から買えるので500円から投資できるのです。

 

この仕組みを使えば限られた資金の中で無理なく投資がはじめられ、少しづつ積立感覚で買い増ししていき、その銘柄の単元株数まで保有できれば配当金も受け取れます。

 

株初心者

ポイント3

スクリーニング機能で銘柄分析が簡単

株で負けないために重要になるのが
「どの銘柄に、どのタイミングで投資するか」です。

 

SBI証券のスクリーニング機能を使えば割安銘柄などを簡単に検索できるほか、株価上昇のカギとなるテクニカルサイン発生銘柄も検索できるので、これから株価が上がりそうなタイミングを逃さず投資できます。

 

さらに取引ツールの操作方法や使い方を解説した動画や、初心者向けの投資セミナーの動画を多数配信するなど、学びながら株をはじめられるコンテンツの豊富さも魅力です。

 

ユーザーの口コミ
kk11初心者でも使いこなせる取引ツール
全くド初心者な私ですがSBI証券の取引ツール(HYPERSBI)は使いやすくて便利です。

銘柄検索はもちろん、監視銘柄を好きなように並べることができ、一覧表示で同時に株価をチェックすることが出来ます。
また、売買は取引ツールから行うことが出来ますし、資金の管理も出来ます。

この取引ツールの嬉しいポイントは、株式だけではなく日経平均の情報や為替の情報など、様々な指数をリアルタイムで見れることです。

銘柄に関するニュースなども充実しており日々勉強するにも適しています。

ポイント4

IPOの抽選に外れてもポイントが貯まる

株初心者でもはじめやすいことから人気のIPO(新規公開株)。

 

IPO株を買って初値で売る方法は手軽で利益が出やすい魅力がある反面、その人気から抽選に申込んでもなかなか当たらないというデメリットがあります。

 

IPOの抽選方法は証券会社によって異なる方式を採用しており、一般的に「資金が少なくても当たりやすい」と言われるのが一人一票の完全抽選

 

その名のとおり一人あたり一口しか申込みができないため、手持ち資金の大きさに関わらず平等に抽選が行われます。

 

この方法は確かに平等ではあるのですが、確率という面で見るとあまり効率が良いとは言えません。

 

IPOの人気銘柄では当選倍率が500倍を超えることもあります。
仮に500倍の当選倍率に一人一票で申込んだとすると、500人に一人しか当たらない確率なのでよほど運が良くないと当たりません。

 

これに対してSBI証券は一人何口でも申し込める抽選方式を採用しています。

 

手持ち資金が多ければ10口でも100口でも申し込めるので、申込み口数が多いほど当選確率が上がることから、
「SBI証券のIPOは金持ち優遇だ」とも言われます。

 

しかし、注目したいのは抽選に外れる度に1ポイントが貯まる仕組みで、このIPOチャレンジポイントを貯めて使えば、申込み者の中から使用ポイントが多い順にIPO株を割り当てられるのです。

 

つまり抽選で外れるほどに当選への道を確実に進むことになるので、宝くじ感覚の完全平等抽選より合理的な方法だと言えます。


SBI証券公式サイト